<< 医療校教員 泉澤 勝 | main | 秋本啓之 58 >>
 
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
Archives
金丸雄介 64
  • 2013.01.14 Monday
  • -
  • 07:13
  • -
  • -
  •  
「柔道において、乱取と形は、作文と文法の関係」

昨日、明治17年頃から続く講道館伝統行事「鏡開式」で「投の形」の演武をさせていただきました。

なんとか大きなミスもなくやり遂げることは出来ましたが、重鎮の諸先生方から言わせれば「まだまだ」なんだと思います。


今後も精進させていただきます。

何より、上手く出来たのは、受の横山喬之氏のおかげだと思います。

横山氏は筑波大学柔道部の後輩で、私が現役を終えるまで、いわゆる「打ちパー(打ち込みパートナー)」として支えてくれました。

ちなみに彼は、ここ二年間、私の大先輩である坂本道人先輩とコンビを組み、世界形選手権大会 投の形で二連覇を成し遂げてます。


まさか後輩が、私がなれなかった「世界チャンピオン」となり、その彼に頭を下げて教え請うとは思いませんでした。

わからんもんですね。

時に優しく、時に上から目線で、そして、時に投げやりに教えてくれました。


本当、ありがとう。


ただ…


鏡開式が終わった後。
ある青年が横山氏に対して
「写真撮ってください」


横山氏
「いいですよ〜」
と、軽くポーズ。


青年
「いや、あの〜…(カメラマンとして撮ってください)」






常に謙虚に生きなきゃなと思った出来事でした。


ということで、
今年もよろしくお願いします。