Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< December 2010 >>
Archives
2010グランドスラム東京初日結果報告
  • 2010.12.11 Saturday
  • -
  • 21:35
  • -
  • -
  •  
本日行われましたグランドスラム東京の初日の結果を報告します。

48垉

福見友子:優勝

福見は、初戦を三角絞、2回戦を崩上四方固、準決勝はGS判定3-0で下して決勝に進出しました。決勝では浅見を下して勝ち上がった近藤と2年連続の対戦となりましたが、大外刈で見事一本勝を奪い、嘉納治五郎杯を含めて3年連続の優勝となりました。

今年後半は苦しい戦いが続きましたが、決勝は来年につながる試合となりました。今年の悔しさを糧に来年は再度王座につくべく飛躍を期待したいと思います。

52垉

西田優香:優勝

西田は、初戦を背負投、2回戦を小外刈、準決勝を合技と文句のない内容で決勝に勝ち上がり、若手のホープ・山本と対戦しました。この試合では序盤に背負投で有効を奪い、そのまま押し切って2年ぶりの優勝を遂げました。決勝は課題の残る内容となりましたが、肩に痛みを抱える中、決勝までの内容は万全で、成長をうかがわせる試合でした。

来年も世界選手権で連覇できるよう、更なる高みを目指して頑張って欲しいと思います。

明日は90垉蕕望野卓志、57kg級に佐藤愛子の2名が出場します。今日の2選手に続けるよう頑張って欲しいと思います。

監督

鳥居智男 39
  • 2010.12.11 Saturday
  • -
  • 07:16
  • -
  • -
  •  
今日からグランドスラムが始まります。

柔道競技はポイント制になり、大会が増え、選手にとってはチャンスも増えました。

しかし、コンディショニングやそれをサポートするコーチや経費を考えると大変そうだなとも感じます。

しかしポイントではっきりさせるのは解りやすくて、選手にとっても見ている人にとっても良いように感じます。

今国内の柔道競技を見ると、勝っても使われない選手が居たり、入賞してても茅の外だったりする選手が居ます。

年齢制限もあったり、その年に誰が強かったかより、将来のオリンピックで誰が活躍出来るかの予想で判断され、その時だけ勝った選手や年をとり、これまでにチャンスを生かしきれなかった選手は省かれ、若手選手の為の育成の為に枠は使われます。

うっとうしい年寄り選手は省き、若手をどんどん使う方針も解りますが、一生懸命頑張ってる人達もたくさん居ます。

できれば平等にチャンスを分け、明確な体制を選手としては望みます。

年寄りにもいっぱい強い選手が居ます。

それを倒してこそ、若手は育つのではないでしょうか。

オリンピックで勝つには、選手を選ぶにはあれもこれもと、いろいろ試せないのでしょうが、やっている方からすれば、納得しがたい事もいっぱいありますね。

この際、国内もランキングにしてみてはいかがなもんでしょうね。