Archives
2010年東京都柔道接骨師会 柔道大会結果報告
  • 2010.07.11 Sunday
  • -
  • 18:30
  • -
  • -
  •  
本日行われました東京都柔道接骨師会柔道大会の結果を報告します。

柔整学校対抗試合の部に出場しました了徳寺学園医療専門学校は

1回戦 東京医療専門学校を4-1、

準決勝 日本柔道整復専門学校を3-1、

決勝 東京柔道整復専門学校を4-1で下して、9連覇を達成しました。


女子個人トーナメントでは重量級の部で中野亜紀が決勝に進出し、準優勝を遂げました。

暑い中、多くの応援をいただきまして、ありがとうございました。

来月の全国大会に向けてしっかりと準備していきたいと思います。

監督

鳥居智男 34
  • 2010.07.11 Sunday
  • -
  • 08:21
  • -
  • -
  •  
先週、千葉県の国体予選があり、久しぶりに試合をしました。

73キロ級になり、減量もほとんどないに等しく、体重調整には問題がないように成りました。

しかし、怪我や疲れ等の回復は年をとるにつれ遅く、気持ちは練習がしたくても、あまりしてはいけない。

若い衆とは違うと、残念で寂しい気持ちになる事もあります。

若い人はバンバン練習して、バシバシ一本を取ります。

見てて、カッコイイなぁとか、羨ましいなぁとか思いますが、おじさんは狙い済まして要所要所を押さえるといった感じです。

スタイルは年々変わりますし、毎年違う柔道をしています。

昔、世界大会に出た時の自分と、今の自分と比べて戦うとどんな事になるだろうと思いますが、今と昔とでは違う事は確かで、年をとった選手にも、いろいろチャンスが回って来るとうれしいなぁと、日々感じてます。

今の自分を見てもらえると嬉しいです。

しかし、若い人は期待を持たれ育て上げる為にチャンスを貰えますが、ベテランは結果だけが全てなのも事実ですね。

次の試合は八月末の実業団体重別大会です。

ベテランなので、次も結果で答えを出したいと思います。